英語便

英文メール、英文日記、英文エッセイで「思い」を伝える。書く英語の学習コミュニティ

トライアルはこちらお申し込みはこちら お問合せはこちらHOMESITEMAP
お客様の声 コースとご利用料金 洋書プレゼント About Us 添削サンプル 英語便FAQ

日本最大級のオンラインディクショナリーKOD  英語便セレクション

KODログイン

ハンドルID


パスワード
KODログイン

 

KODは日本最大級の英語のオンライン辞書です。 KODは英語学習にとどまらず、翻訳や研究
する方のニーズも踏まえ、専門的な産業マニュアルやアカデミックジャーナルの読解、執筆にも十
分対応できるように開発された(株)研究社の進化し続けるオンラインディクショナリーです。 

KODでは通常インターネットでは公開されていない、専門的なデータを含む驚愕の量の語集と

英単語を収録していますが、このたびのKOD-英語便セレクションは、英語で文章を書く方々の

ニーズに応えるために、さらにその大量の収録データを、単語と例文の両面から英和・和英で

検索できるようにした画期的な製品となっています。

利用できる辞書は8種類。 100人以上の言語の専門家が常に調査・更新を行う最強の研究社

辞書の中から、英文ライティングに特に役立つ英和・和英・活用を英語便用にセレクトしております。

 

 

 

   

  

 

Q1 紙の辞書や電子辞書は持っているのですが、どこが違うのですか?
a

言葉は生き物。 常に最新の英語を学ぼうとするとき、辞書は生鮮食料品と同じくらい鮮度が大事になります。 研究社の辞書は常に100人以上の専門家が、リアルタイムに言葉の入れ替えを行っています。 常に最新の辞書セットを手許に置きたくても、必要なものを毎年買いそろえていくと、大変高額になってしまいます。  KODは、オンラインでの利用により、辞書を買い換えることなく、常に最新の辞書セットを手許に揃えておきたいという方のためのスペシャルセレクトです。 
また、検索機能も「完全一致」「前方一致」「後方一致」「例文検索」と充実しています。 見落としがちなマイナーな訳語や例文を瞬時に探し当てることができるようになっています。   

Q2. ネットにある無料辞書とはどこが違うのですか?
a

インターネットで無料で公開されている辞書データは、同じ出版社が提供しているものであっても、大抵はデータの更新を打ち切ったものになります。 更新がストップした辞書を使っての学習は、基本英単語の意味を確認するには十分ですが、日々変化する用法や、バズワード、トレンディーワード、人名、地名などに追いついていくことはできません。 また、専門家でないスタッフが編集している辞書は、収録数が多くても、国による単語の利用の違いを無視していたり、また一部の原住民しか使わないような表現も注記なしに含まれていることがよくあり、正式な文章を書くときに参照するには向いていません。  KODに含まれている辞書は、英語の専門家により常に最新の状態に保たれています。 最新の海外の文献を読むとき、また自分で論文や学習教材の執筆を行うとき、実際に海外と取引するビジネス文書の作成に力を発揮します。  プロの翻訳家にも愛好されています。

 

pagetop